布団の干し方 - 布団セット通販 ふわふわ堂

TOP > 布団の干し方


【布団の干し方】

布団の干し方の前に、なぜ布団を干す必要があるのでしょう?

実は私たちは寝ている間にコップ1杯分くらいの汗をかいています。また、布団にはダニやカビが生息しています。起きたとき腕などに赤い発疹のようなものが出来ていたり、痒みがあったことはありませんか?人間のフケなどはダニの好物です。ぜんそくやアレルギーなどにも関わりますから注意が必要です。ですから布団を乾燥させることと、紫外線によるダニなどの殺菌が布団を干す主な目的となります。

干し方ですが、まず、乾燥が目的なので雨の日や湿気の多い日はやめましょう。かえって水を吸ってしまうことにもなりかねません。また、よくやりがちなんですが、叩くのもNGです。叩いたときに出るホコリは実は中綿が分解して出るホコリという調査結果もあるようです。返って布団を傷めてしまうことにもなりかねません。

紫外線によりダニなどは死滅していますので叩く必要はありません。気になる方は取り込んだ後に掃除機などで吸い込みましょう。取り込む際は手やブラシなどで払う程度で十分です。

あとは布団の種類により異なるので種類毎に説明します。

・綿布団・化繊布団

週に1〜2回くらい天日干し。片面1時間くらいで両面干すのが理想。日差しの強いときに長時間干し過ぎると布団を傷めることになりますので、夏場などは午前中がオススメです。


・羽毛布団・羊毛布団

月に1〜2回くらい天日干し。綿布団などと違い放湿性に優れていて湿気がこもりにくいので頻繁に干す必要はありません。殺菌という意味で天日干しをしますが、生地を傷めたりしないようにカバーなどを掛けて干しましょう。また、普段は陰干しをします。窓を開けた風通しのよいところに置いておくだけでも十分乾燥します。



▲このページの先頭に戻る








当サイトは販売者との提携により商品を販売しております。
従いまして、サイト運営人と販売者ではお問い合わせ先が異なりますのでご注意下さい。

サイト上の表記などサイト運営に関するご意見・ご質問はサイト運営者へのお問合せ

商品に関するご質問はお買物についてのお問合せよりご連絡ください。

※ 販売者概要や特定商取引法に基づく表記につきましてはカート画面内に表示されますのでそちらでご確認下さい。